ケイヨ・ニーニマー(Keijo Niinimaa)の名言・迷言・言葉

ケイジョ・ニーニマー(Keijo Niinimaa)の名言・迷言・言葉 カ行

このページでは、ROTTEN SOUNDのヴォーカリスト、ケイヨ・ニーニマー(Keijo Niinimaa)の名言・迷言・言葉を紹介しています。

ケイヨ・ニーニマー(Keijo Niinimaa)の名言・迷言・言葉


理想の歌い方がちゃんとできるようになるまにで10年近く掛かった



この20年の間に世界中でプレイした。その土地その土地で素晴らしい人達にもたくさん出会えたし友達にもなれた。そういうのもまたバンドをやっていて最高に素晴らしいことのひとつだね



インスピレーションとなるようなバンドは常に存在している。具体的な名前は出したくないけど、とにかく俺達にインスピレーションを与えてくれるような新しいバンドは世界中にいる。



“グラインドアンドロール”と言ってもらえるのは光栄なことだよ。そういう要素を入れるのは、このバンドにとって大切なことだからね。



実は歌詞についてはあまり詳しく話さないようにしている。リスナーがそれぞれに聴いて自分達であれこれ想像できるようにしておきたいから、情報は必要以上にオープンにしないようにしているんだ。




ケイヨ・ニーニマー(Keijo Niinimaa)のプロフィール

ケイヨ・ニーニマー(Keijo Niinimaa)は、フィンランド出身のヴォーカリスト。METALLICAを聴いたことでヘヴィ・メタルに夢中になり、80年代にはDISCHARGEなどのハードコア、KAAOS、APPENDIX、LAMAなどのフィンランドのハードコアを聴き、90年代になると、ENTOMBED、NAPALM DEATH、EXTREME NOISE TERRORに影響を受けた。
1993年にデス・メタル・バンドのVOMITURITIONでミニ・アルバムを録音していた時、ギタリストのミカ(・アールト)とEXTREME NOISE TERRORやNAPALM DEATHを聴いていたところ「こういうバンドをやろうや!」ということにあり、2週間後にはROTTEN SOUNDを結成しファースト・デモを作成し、後にデビューアルバムを発表。1997年にVOMITURITIONが解散したため、バンドの活動を開始したが当初はプロジェクト・バンドとして不定期な活動となった。1999年に発表した2ndアルバムが評判となり、海外のオファーなどもありさらに話題となった。現在までに7枚のアルバムを発表。
2014年にスラッジ/ドゥーム/デス・メタル・バンドのMORBID EVILS、2019年にデス・メタル/グラインドコア・バンドのGOATBURNER、デス・メタル/クラスト・パンク・バンドのAGE OF WOEなど多方面で活動している。
影響を受けたヴォーカリストは、ミエツコ・タラーツィク(NASUM)、ケヴィン・シャープ(BRUTAL TRUTH)、トーマス・リンドバーグ(AT THE GATES)。


【Links】
ケイヨ・ニーニマー(Keijo Niinimaa)Instagram
ケイヨ・ニーニマー(Keijo Niinimaa)facebook
ROTTEN SOUND Official Website


コメント

タイトルとURLをコピーしました