ヴィニー・アピス(ex-HEAVEN AND HELL、ex-DIO)の名言

シェアする

ヴィニー・アピス(ex-HEAVEN AND HELL、ex-DIO)のプロフィール


ヴィニー・アピスは、アメリカ出身のドラマー。9歳の時にドラムを始め、16歳の時、THE BEATLESのジョン・レノンのレコーディングを手伝い、その後、ギタリストプロデューサーのリック・デリンジャーのバンド、DERRINGERで3枚のアルバムに参加。1980年、ツアー途中に離脱したビル・ワードの後任として、BLACK SABBATHに参加。ヴォーカリストロニー・ジェイムズ・ディオの強い推薦によってそのままバンドに参加した。1982年にBLACK SABBATHを脱退した後は、ロニー(・ジェイムズ・ディオ)のDIOに参加し、1989年まで在籍。その後、1992年にBLACK SABBATHに復帰したが、1993年に再結成したDIOに加入。その後は、様々なバンドにゲスト参加した。
2006年には、トニー・アイオミギーザー・バトラー、ロニー(・ジェイムズ・ディオ)の元BLACK SABBATHのメンバーと共にHEAVEN AND HELLを結成したが、2010年にロニー(・ジェイムズ・ディオ)の死を受けて活動を停止した。
2012年には、元PANTERAのベーシスト、レックス・ブラウンらとKILL DEVILL HILLに参加(2012年に脱退)。その後、ヴィヴィアン・キャンベルDEF LEPPARD)やジミー・ベイン(ex-DIO)らとTHE LAST IN LINEを結成。バンドか活動を続けながら、様々なプロジェクトに参加している。
兄はVANILLA FUDGE、KING COBRA、BECK,BOGERT&APPICEで活躍したカーマイン・アピス。



ヴィニー・アピス(ex-HEAVEN AND HELL、ex-DIO)の名言/言葉

最近の音楽は昔と違うからレコードを聴いてインスパイアされることは殆どない。昔の音楽にはドラムの音がたっぷり入っていたけど、今はただの伴奏みたいになってしまってる。


クールなリックがああて、「こんな風にプレイしたい」と、ドラマーとして凄くインスパイアされたもんだ。それがすべてじゃないか?誰かをインスパイア出来なければ意味がない。


昔はLED ZEPPELINならLED ZEPPELIN、BLACK SABBATHならBLACK SABBATHのサウンドというものがあった。だけど、今は皆が似たり寄ったりのものになってしまっている。


俺はナイスガイだが、悪人の顔も持っている。恐らく、天国と地獄の中間というような所があれば、そこに行くんじゃないかな。


違うものを違う人達とプレイするのは、気分の良いものなんだ。それに、常に同じことを繰り返すのとは違って、色々と経験して学べるからね。


俺は決まり切ったドラムを叩くというより直感でプレイするタイプだ。


ヴィニー・アピス(ex-HEAVEN AND HELL、ex-DIO)を知るならこのアルバムは必聴です♪

ヴィニー・アピス(ex-HEAVEN AND HELL、ex-DIO)を知るならこの1曲