ヴィクター・スモールスキ(ALMANAC,ex-RAGE)の名言

シェアする

ヴィクター・スモールスキ(ALMANAC,ex-RAGE)のプロフィール


ヴィクター・スモールスキは、ドイツのパワー・メタル・バンド、元RAGEのギタリスト。現在は自身のバンド、ALMANACを結成し活動中。ベラルーシ共和国で作曲家の息子として生まれ、6歳から音楽の英才教育を受ける。音楽以外にもレーサーとして活躍するなど、マルチな才能の持ち主。

ヴィクター・スモールスキ(ALMANAC,ex-RAGE)の名言/言葉

メタルミュージックには、血と汗と涙、つまり苦労や不幸みたいなものがパーフェクトに合う。


僕は訓練を欠かさない。凄く練習し、常にもっと上手くなろうとしているし、いつも自分のギターの演奏スタイルに新しい何かを見つけようとしている。


スタジオでは、俺のソロは全部完璧なインプロヴァイズなんだ。そのやり方が大好きなんだよ。


ディスコグラフィー

【RAGE】
・Ghosts(1999)
・Welcome to the Other Side(2001)
・Unity(2002)
・Soundchaser(2003)
・Speak of the Dead(2006)
・Carved in Stone(2008)
・Strings to a Web(2010)
・21(2012)
・LMO(2013)

【ALMANAC】
・Tsar(2016)

【MIND ODYSSEY】
・Nailed to the Shade(1998)
・Signs(1999)
・Time to Change It(2009)

ヴィクター・スモールスキ(ALMANAC,ex-RAGE)を知るならこのアルバムは必聴です♪

ヴィクター・スモールスキ(ALMANAC,ex-RAGE)を知るならこの1曲