ウリ・カッシュ(ex.HELLOWEEN, ex.MASTERPLAN)の名言

シェアする

ウリ・カッシュ(ex.HELLOWEEN, ex.MASTERPLAN)のプロフィール


ウリ・カッシュは、ドイツ出身のドラマー。1986年にHOLY MOSESに加入するも1990年に脱退、その後、GAMMA RAYに加入するが、音楽性の違いから脱退した。1994年にはHELLOWEENに加入し、曲作りにも積極的に参加していたが、2000年にバンド内のトラブルと音楽性の違いにより脱退した。2003年にはHELLOWEENを脱退したギタリストのローランド・グラポウや、ヴォーカリストヨルン・ランデらと共にMASTERPLANを結成したが、メンバーと上手くいかず2006年に脱退した。
2007年には自身のバンド、RIDE THE SKYを組み1枚アルバムを発表したがその後音沙汰はない。2008年にMEKONG DELTA, 2010年にSYMFONIAに参加したが怪我を理由に脱退した。
現在はセッションミュージシャンや、ドラムの先生として活動している。

ウリ・カッシュ(ex.HELLOWEEN, ex.MASTERPLAN)の名言/言葉

もし、練習し続けているのに上達しないと感じるようなことがあったら、何かを変えてみるのはいい方法かもしれない。練習する場所を変えるだけでも違ってくる。


ツイン・バス・ドラムなんて1週間プレイしないでいると、元に戻すには2~3日掛かる。肉体的な楽器だから、スポーツと同じでブランクがあると元に戻すまで物凄く大変なんだ。


ギターから出るメロディとは違うけど、7つのタムタムには僕なりのチューニングを施して、メロディをプレイできるようにしている。そういうアプローチから曲も生まれると思うよ。


速いプレイもスロウなプレイも、僕としては同じだよ。同じパワーなんだ。身体をコントロールしなければいけないという意味では、どんな曲でも同じさ。


僕は1週間練習できないと、腹が立って二度とドラムがプレイできなくなる。いや、コンディションを維持するためにも、プレイは定期的にやるべきなんだ。


ウリ・カッシュ(ex.HELLOWEEN, ex.MASTERPLAN)を知るならこのアルバムは必聴です♪】

ウリ・カッシュ(ex.HELLOWEEN, ex.MASTERPLAN)を知るならこの1曲