トミー・タラマンカ(SADIST)の名言・迷言・言葉

トミー・タラマンカ(SADIST)の名言・迷言・言葉 タ行

トミー・タラマンカ(SADIST)のプロフィール

トミー・タラマンカは、イタリア出身のギタリスト、キーボーディスト、プロデューサーです。11歳でギターを弾き始め、1991年にイタリアのデス・メタル・バンド、NECRODEATHのドラマー、ペソを中心に結成されたプログレッシヴ・デス・メタル・バンド、SADISTに参加し、2020年現在までに9枚のアルバムを発表している。1996年にはNadir Recording Studioという小さなレコーディングスタジオを始め、現在は2つのスタジオと4つのリハーサルルームとライヴスタジオを持つ規模に成長している。
バンド以外に、Trio Bobo、Drummeria、Nerve、Ritual of Rebirth、Infection Code、Dark Lunacy、Kirlian Cameraのライヴエンジニアとして、Sadist、Dark Lunacy、Athlantis、Nerve、Ritual of Rebirth、Thefamiliのプロデューサーとしても活動している。

 

トミー・タラマンカ(SADIST)の名言/言葉

今の俺達はただ自分達の望むものを好きなようにプレイしている。そしてファンもそれを気に入ってくれたなら素晴らしいと思うけれど、たとえそうでなくても俺達は最善を尽くすだけだ。


正直な話、今のメタルアルバムは全部どれも同じに聞こえる。全く残念なことだと思う。(笑)


俺達のサウンドは絶え間なく進化している。SADISTの究極のサウンドを探し求める旅はまだ終わっていない。音楽を作り続ける限りそれはずっと続くよ。


音楽が大好きだから、単にミュージシャンやプロデューサーとしてだけでなく、様々な形で色々な音楽に関わりたい。


音楽はその時々について語らなければならない。そうでないと、俺にとって音楽はアートではなく、ただの娯楽になってしまう。


「SADISTは好きじゃないけど良いバンドだ」とか「SADISTの音楽は好みじゃないけど尊敬している」と言ってくれる人達を大勢知っている。それこそが俺達の目標の1つだよ。


 

トミー・タラマンカ(SADIST)を知るならこのアルバムは必聴です♪

 

トミー・タラマンカ(SADIST)を知るならこの1曲

SADIST – The Birds (Official Video)

コメント

タイトルとURLをコピーしました