スティーヴ・リー(ex.GOTTHARD)の名言

シェアする

スティーヴ・リー(ex.GOTTHARD)のプロフィール


スティーヴ・リーは、スイス出身のヴォーカリスト。1991年にハード・ロック・バンド、GOTTHARDを結成。GOTTHARD加入以前は、ドラマーとしても活動。GOTTHARDのライヴでは、ヘナ・ハーベッガーと共にツイン・ドラム・ソロを披露することもあった。2010年バンドのオフ中にバンドメンバーのマーク・リンを含む仲間とアメリカ旅行のツーリング中に不慮の自己により死去。

スティーヴ・リー(ex.GOTTHARD)の名言/言葉

“これでベスト”なんてことはあり得ない。常に上を目指して一歩ずつ登るしかない。


僕は過去に起こったことよりもこれから起こることを見つめていたいんだ。より良いものを生み出すチャンスはいつだってあるんだから、未来を見つめていたい。


僕はいつも言うんだけど、いい天気というのは何百万年も前からあるわけで、常にいいものだ。だから、ロックンロールだって忘れちゃいけないんだよ。


心から出てくる音楽がある限り、そしてその音楽を楽しんでくれる人達がいる限り、やり続ける。僕達のような音楽が注目される時は必ず来ると信じているからね。


世界にはネガティヴが渦巻いているから、俺達はポジティヴなヴァイブのある曲を書きたい。コンサートに来る時ぐらい楽しむべきだし、色々な問題を忘れるべきなのさ。


本当に何かを信じているならば、意志の力が強ければ、不可能も可能に出来る。


楽しみたいんだ。僕は未だに楽しんでいるよ。それが肝心なんだ。


流行っているものだけを追いかけるなんて、俺にとっても楽しくないし、ファンにとってもフェアじゃないと思うんだ。フィーリングがないんだから、そんなの、やる価値ないよ。


傷付いた気持を少しでも癒すためにこの音楽は役に立つだろう。良い音楽、良いメロディを聴いて自分自身を取り戻して、ポジティヴになれるんじゃないかな。良い曲は世界を変えられると思うよ。


良い曲は時代を超えて残っていくと俺は信じている。


良い音楽は心の慰めになる。音楽は気分を良くするために聴くものだし、皆に平和をもたらすものだ。それが大事だよ。今必要なのは愛と平和だからね。


つらい時期を乗り越えると、自分達にとって何が一番いいことなのかが判るようになって、以前よりも強くなれる。


スティーヴ・リー(ex.GOTTHARD)を知るならこのアルバムは必聴です♪

スティーヴ・リー(ex.GOTTHARD)を知るならこの1曲