サモス(ex.EMPEROR,THE WRETCHED END)の名言

シェアする

サモス(ex.EMPEROR,THE WRETCHED END)のプロフィール


サモスは、ノルウェーのブラック・メタル・バンド、EMPERORの元ギタリスト。EMPEROR解散前あたりから、同バンドのドラマー、タリムと共にZYKLONを結成し活動するも2010年に解散。2008年に結成したデスラッシュ・メタル・バンド、THE WICKED ENDの活動を本格化し、現在に至る。
1994年にはBURZUMのヴォルグ・ヴィーケネスと共に教会に放火したとして懲役16ヶ月の実刑を受け服役。過去のインタビューで、あれはあれで良かったと語っている。

サモス(ex.EMPEROR,THE WRETCHED END)の名言/言葉

俺達はただメタルをやりたいだけなんだ!俺達が良いと思うことをやるだけさ。だから様々なスタイルを盛り込むことだってあり得る。


EMPERORでもZYKLONでも、他の人達が音楽を好きになってくれるのは最高だが、作る方はいつも自分達のやりたいことをやるしかないんだよ。


普通バンドのことを考えた場合、一番重要なのは音楽だけれど、その音楽が良いコンセプトや良い歌詞に支えられていれば、全体のパッケージがより強力になる。


必要なのはソウルだ!スピリットさ。正しいアティテュードだよ。良い音楽にはテクニックが不可欠ということはない。テクニックがある方が有利という場合もあるけどね。


俺はただやりたいことをやっているだけだ。いつも自分の直感に従い、自分のゴールを目指すだけで、他の人達がどう思おうと全く関係はないね。


エクストリームメタルだけでなくメタル全般に言えることだけど、リフのパワーが総てだ。リフはメタルミュージックで非常に重要な要素だ。


俺は別に完璧にオリジナルなものを目指しているわけではない。それぞれ個人的に好きなバンドからインスピレーションを得ていることは間違いないんだからね。


必要なのはソウルだ!スピリットさ。正しいアティテュードだよ。


俺はリフに凄く力を入れている。そこから総てが決まっていくし、全体のグルーヴが決まってくるから。それは確かだね。


日常で何かを経験して感じたエモーションも重要だ。どんなことでも自分の身体に入り込み、そこからインスピレーションが生まれる。


一番大事なことは、音楽が演奏できること。何を信じているかはあまり関係がない。自分に正直な人間だということが大事だ。


音楽を創造する時に多少の意見の違いがあるのは当たり前のことだ。


ディスコグラフィー

【EMPEROR】
・In The Nightside Eclipse(1994)
・Anthems To The Welkin At Dusk(1997)
・EN:IX Equilibrium(1999)
・Prometheus: The Discipline Of Fire & Demise(2001)

【ZYKLON】
・World On Worms(2001)
・Aeon(2003)
・Disintegrate(2006)

【THE WRETCHED END】
・Ominous(2010)
・Inroads(2012)

サモス(ex.EMPEROR,THE WRETCHED END)を知るならこのアルバムは必聴です♪

サモス(ex.EMPEROR,THE WRETCHED END)を知るならこの1曲

シェアする

フォローする