ロイ・Z(TRIBE OF GYPSIES、プロデューサー)の名言

シェアする

ロイ・Z(TRIBE OF GYPSIES、プロデューサー)のプロフィール

ロイ・Z(TRIBE OF GYPSIES、プロデューサー)の名言


ロイ・Zは、アメリカ出身のギタリスト。1996年、ヘヴィ・メタルとラテン・ミュージックを融合したバンド、TRIBE OF GYPSIESを率いデビュー。バンドは当時IRON MAIDENを脱退していたブルース・ディッキンソンのソロ・アルバムに参加。1997年には再び、ブルース(・ディッキンソン)のソロアルバムにプロデューサーとして参加した。TRIBE OF GYPSIESは2000年に活動を停止。その後はIMPELLITTERIのヴォーカリスト、ロブ・ロックのバンドに参加、またプロデューサーとしても、HALFORD, HELLOWEEN, JUDAS PRIESTなど多くのバンドに関わっている。



ロイ・Z(TRIBE OF GYPSIES、プロデューサー)の名言/言葉

TRIBE OF GYPSIESをやっているのは、純粋なアーティストとして情熱があるからであって、他に理由はない。ファンも大事だけど、それよりもまず自分を満足させないとね。


僕にとっては、同じことを繰り返すくらい退屈なことはないんだ。


年齢が上とか下とか、キャリアが長いとか短いとか、そんなことは関係ない。俺は一緒に仕事をする人達からは常に学ばせてもらっているし、そういう姿勢でいることが大事だと思っている。


ロイ・Z(TRIBE OF GYPSIES、プロデューサー)を知るならこのアルバムは必聴です♪

ロイ・Z(TRIBE OF GYPSIES、プロデューサー)を知るならこの1曲