ロン・キール(KEEL, ex-STEELER)の名言

シェアする

ロン・キール(KEEL, ex-STEELER)のプロフィール


ロン・キールは、アメリカ出身のヴォーカリスト。1981年にSTEELERを結成。バンドにはギタリストイングヴェイ・マルムスティーンや後にLIONのドラマーとなるマーク・エドワーズが在籍した。その後、1984年にKEELを結成し、1989年に解散した。1990年代にはカントリーシンガーに転向したが、1998年から2010年までの間にKEELを3回再結成している。
1997年には日本のヘヴィ・メタル・バンド、SABER TIGERのアルバム『PROJECT ONE』にゲスト・ヴォーカリストとして全曲に参加した。



ロン・キール(KEEL, ex-STEELER)の名言/言葉

ツアーの時は常に最初にバスに飛び乗る。それが俺。俺は遊牧民、俺はシンガー、俺はミュージシャン。音楽が俺の人生だ。


俺達のメッセージは彼らのメッセージとは違うかもしれないけど、共通しているのは“人々を楽しませたい”という点だ。笑顔で拳を高く突き上げて良い気分になれるんだ。


ロン・キール(KEEL, ex-STEELER)を知るならこのアルバムは必聴です♪

ロン・キール(KEEL, ex-STEELER)を知るならこの1曲