ポンタス・ヘルム(DEAD BY APRIL)の名言

シェアする

ポンタス・ヘルム(DEAD BY APRIL)のプロフィール


ポンタス・ヘルムは、スウェーデンのメタル・コア・バンド、DEAD BY APRILのギタリスト兼ヴォーカリスト。結成メンバーの一人ではあるがデビューアルバム発表後、脱退。2ndアルバムではソングライターとしてバンドに貢献していたが、3rdアルバムで復帰。極度の緊張しいでで有名。

ポンタス・ヘルム(DEAD BY APRIL)の名言/言葉

楽器は曲自体が持っているパワーや、その曲が表現すべきものをバックアップするための要素だと考えているんだ。その一番大きな役を担っているのが、ヴォーカルだと思う。


音楽自体はあまり聴いていないんだ。スタジオに1日8~10時間籠って音楽作りをしているから、時として静寂が親友になる。


そもそもレッテルなんて面白いものだとは思わないし、俺達は自分達が創造したいと思うものに対してはオープンな姿勢でいようと考えている。


常にインスパイアされるのはマイケル・ジャクソンの言葉で“音楽の邪魔をするな、曲は自ら出来上がるようにしてやれ”なんだ。俺は曲を作る“道具”で作曲の邪魔はしない。


ディスコグラフィー

【DEAD BY APRIL】
・Dead by April(2009)
・Incomparable(2011)
・Let the World Know(2014)

ポンタス・ヘルム(DEAD BY APRIL)を知るならこのアルバムは必聴です♪

ポンタス・ヘルム(DEAD BY APRIL)を知るならこの1曲