フィリップ・ラボンテ(ALL THAT REMAINS)の名言

シェアする

フィリップ・ラボンテ(ALL THAT REMAINS)のプロフィール


フィリップ・ラボンテは、アメリカのヘヴィ・メタル・バンド、ALL THAT REMAINSのヴォーカリスト。1998年にALL THAT REMAINSを結成するまでは、同じくアメリカのヘヴィ・メタル・バンドのSHADOWS FALLのヴォーカリストとして活動。アグレッシヴな声とエモーショナルたっぷりのメロディアスな声を同時にこなすヴォーカル・スタイルが特長。

フィリップ・ラボンテ(ALL THAT REMAINS)の名言/言葉

アメリカでは、ヘヴィなバンドが“歌う”のを嫌う人達がいるけれど、残念ながら、俺達はそれをやりたいんだ。俺達は、俺達がやりたいものを書いてやっている。それに尽きるよ。


アメリカでは、メタルというジャンルは他の国ほど一般に受け容れられているものじゃないから、メタルバンドがチャートに入ること自体、凄くクールなことなんだよ。


どんな楽器でも、ヴォーカルだろうとギターだろうとピアノだろうととことん練習する必要がある。技術的な練習を繰り返して基礎を固めていないと、決して上達しない。


誰の人生にとっても、訓練や練習というのは学習のための最も重要な要素だ。


俺が願っているのは、人々が今でも俺達の音楽を聴いてくれることだよ。人々が今でも俺達の音楽が聴ける方法を探して聴いてくれることだ。


俺はチャートのことは気にしないよ。それに音楽は競争じゃないしね。


俺はただベストの自分になりたいと思っていた。俺が一番競いたかったシンガーは、とても良い日の俺自身だけだったと思う。


ダウンロードしたいと思ってくれること、俺達がプレイするのを観に行きたいと思ってくれることが、とても運が良くて幸せなことだと俺は感じるよ。


俺は、ここ15年ほど定職に就いたことはない。そんな俺が最も想像し難いことと言ったら、誰かの指図を聞くような人生を送ることだ。


ディスコグラフィー

【ALL THAT REMAINS】
・Behind Silence And Solitude(2002)
・This Darkened Heart(2004)
・The Fall Of Ideals(2006)
・Overcome(2008)
・For We Are Many(2010)
・A War You Cannot Win(2012)
・The Order Of Things(2015)

【SHADOWS FALL】
・Somber Eyes To The Sky(1997)

フィリップ・ラボンテ(ALL THAT REMAINS)を知るならこのアルバムは必聴です♪

フィリップ・ラボンテ(ALL THAT REMAINS)を知るならこの1曲