オスカー・ドロニャック(HAMMERFALL)の名言・迷言・言葉

シェアする

オスカー・ドロニャック(HAMMERFALL)のプロフィール

オスカー・ドロニャックは、スウェーデン出身のギタリスト。14歳でギターをはじめ、1989年にデス・メタル・バンドを始め、1991年にCEREMONIAL OATHに改名したがデビューアルバム発売前に脱退。その後、デス・メタル・バンドCRYSTAL AGEを結成し活動。同時にサイドプロジェクトとしてイエスパー・ストロムブラード(ex-IN FLAMES)やミカエル・スタンネDARK TRANQUILLITY)らと共にHAMMERFALLを結成。1996年にヴォーカルのヨアキム・カンスが加入し本格的に活動を開始し、現在に至る。




オスカー・ドロニャック(HAMMERFALL)の名言/言葉

分析なんかするなよ。みんな、やたらと分析しすぎるんだ。音楽は楽しめばいいんだよ。俺もそうしてる。


MANOWARと我々の間には、自分達の心に忠実に自分達の愛するヘヴィメタルをやっているという共通点がある。サウンド的にはそれほど似ているとは思わないが、音楽に込められた精神は似ている。


俺達は周囲がどういう風に受け止めるかを気にしながら何かをしたりはしない。自分達が好きなこと、自分達が信じられることだけをやっているんだ。


自分自身に対して常に正直であれば、売れ線になどなるはずがない。人に売れ線と呼ばれたって構わないよ。そうじゃないことを俺は知ってるんだからね。


俺が思うにイエテボリサウンドというのは1人の人間、1つのバンドが生み出したわけではなくて、みんなが互いのショウを観に行ったり友達として一緒につるんだりしているうちに進化していったんじゃないかな。


イエテボリのシーンには競争みたいなことが全くなかった。みんな互いに成功して欲しいと願っていたから、アルバム制作やライヴで助っ人が必要な時は友達に頼んでいたんだよ。


人というのは悪いことは簡単に忘れてしまう。何か悪いことがあっても、俺は覚えちゃいない。その代わりに良いことは全部覚えている!


ヨアヒム(・カンス)は俺の曲が必要だし、俺は彼のヴォーカルラインや歌詞が必要だ。ヨアヒムがとても重要な存在なのは、彼がバンドを前進させているからだ。


音楽とは自己表現だが、文脈に合ったプレイをしなきゃいけないんだ。


音楽に対してそれぞれ違う意見を持つのは当たり前だけど、言葉から実際の暴力を移るなんて本当に腹が立つ。


HAMMERFALLのライヴのエネルギーは非常に明確だから、何も考えずにライヴに来た人達も、バンドに対してポジティヴな気持を抱いて帰ることになると信じている。


ファンにとってもシンガロング・パートは重要なんだ。メタル・ファンならそうしたいはずさ。


世界中でシンプルかつ最も効果的なバンドはAC/DCだ。素晴らしいバンドになるためにテクニカルである必要はないことの証だよね。


俺が新しいギターやアンプを試す時、いつも弾くリフがLOUDNESSの“CRAZY NIGHT”なんだ。本当に信じられないくらい素晴らしい。


オスカー・ドロニャック(HAMMERFALL)を知るならこのアルバムは必聴です♪

オスカー・ドロニャック(HAMMERFALL)を知るならこの1曲