ニルス・モーリン(DYNAZTY)の名言

シェアする

ニルス・モーリン(DYNAZTY)のプロフィール


ニルス・モーリンは、スウェーデンのヘヴィ・メタル・バンド、DYNAZTYのヴォーカリスト。次代を担うヴォーカリストの1人。

ニルス・モーリン(DYNAZTY)の名言/言葉

やっぱり最高の作品は、バンドの人間がより多く関わることによって生まれると思う。


たとえ今の人生で失敗したとしても、いずれにせよ、いつかどこかで、何らかの形で二度目のチャンスが訪れるというのが、言わば俺の信仰みたいなものだ。


これまでのIRON MAIDENのキャリアを振り返ると、彼らは非常に特別なバンドだったと思う。彼らの音楽に対して誰が何を言おうとも、決して妥協せず、何があっても自分達の信念を貫き、強固に自分達の立場を守り抜いてきた。


世の中には素晴らしい音楽が山ほどあるんだから、機会さえあれば、是非とも自分の能力を発揮できる曲や大好きな曲をカヴァーしてみたいと思っているよ。


このバンドをどんなバンドにしたいかということについて、俺達は皆、非常に確固とした考えや野心を持っている。


楽しんでプレイして、曲を書いて、ライヴをやるだけさ。そうしてさえいれば、俺達は幸せだ。


やりたいことをやり続け、ファンを喜ばせるために全力を尽くすこと。それがバンドのあるべき姿だと思う。


時間を掛けてミュージシャンとして成長し、今ではこういうものが出来るようになった。いい気分だよ。この手の音楽をやるのはチャレンジでもある。


日本はハードロックにとって伝説の国だから、凄く行きたいよ。これは間違いなく俺達のゴールだな!


ニルス・モーリン(DYNAZTY)を知るならこのアルバムは必聴です♪

ニルス・モーリン(DYNAZTY)を知るならこの1曲