ニッキー・シックス(SIXX:A.M.,ex-MOTLEY CRUE)の名言

シェアする

ニッキー・シックス(SIXX:A.M.,ex-MOTLEY CRUE)のプロフィール


ニッキー・シックスは、アメリカのハード・ロック・バンド、元MOTLEY
CRUE、現在はSIXX:A.M.で活動するベーシスト。かつては、アルコール、ドラッグ中毒になり、1997年にはヘロインの過剰摂取で心停止を起こし、生死をさまよった過去がある。それ以降はセラピーと投薬治療で立ち直った。ミュージシャンとしての活動の他に、自身のアクセサリーブランドを持っている。

ニッキー・シックス(SIXX:A.M.,ex-MOTLEY CRUE)の名言/言葉

ちびな人間ほどラウドを好むんだ。アンガス・ヤング、マルコム・ヤング、キース・リチャーズ、ロニー・ジェイムズ・ディオ、そしてナポレオンにミック・マーズだ!(笑)


タトゥーは永遠のものだ。アルバムも同じなんだよ。1回アルバムを作ったら、その時に言ったことは永遠に残る。その作品が消えることはないんだよ。


俺は水晶の玉を持っていない。未来は見えないんだ。だから、今の俺にやれることを、最高の結果が出るように、ベストを尽くしてやるしかない。


生きるのに究極の場所と言えば、実際には独りきりになれても、独りぼっちだとは感じずに済む場所だ。


生まれ変わったら、タンポンになりたい。


他人が君に対してオープン・マインドで接してくれないからって、自分はダメ人間だなんて思う必要はない。人と違っていてもいいんだ。君はそのままでパーフェクトなんだから。


今を生きていれば最高の経験が出来るけど、将来のことを考えて生きていたら、ドラマか懐疑か不安か嘘の中で生きることになってしまう。俺達は、遠い未来のことは考えない。


この地球上には信じられないくらいのバカが多い。バカな奴らには何かの決断をさせることなんて出来ない。そんな奴らは消えればいいんだ。


過去の自分の過ちからの教訓や、やっていいことと悪いこと、どんな状況にあってもリアルなバンドであり続ける力、そういうものを俺は学んだ。


俺達は、デイヴィッド・ボウイ、ROLLING STONES、QUEEN、昔のKISS、昔のAEROSMITHを聴いて育ってきたし、だからこそ、俺達はちゃんと曲を書くことが出来るんだ。


正直なところ、俺はアンコールなんてファンを騙すようなものだと思ってる。だって、待ってる間に1曲プレイ出来るじゃないか。


ドラムにもギターにも一度も惹かれなかった。そういった楽器も大好きだが、俺にとっては、いつだってベースだったし、今もやっぱりベースなんだ。


LAにはミュージック・シーンはなかったが、俺達がシーンを作ったんだ。何もない所に行ってミュージック・シーンを作るべきだ。シーンがある街に行ってはダメだ。


「自分にとってベストなのは何か?」と考えるミュージシャンが多いが、俺はいつも「この曲にとってベストなのは何か?「と考える。


成功するか成功しないかは問題じゃないんだ。俺達の根本にあるのは成功じゃなくて、情熱なんだから。


俺の旅は、これからも決して同じではないだろう。他の誰の旅も、同じではないように。


ライヴでプレイする経験を積んだり、かと思うとプレイしない時期を過ごしたり、とにかく組織化されないのが本物のバンドさ。


俺達のプレイには独自のスタイルがある。だからこそ、こういうサウンドになるんだよ。


子供の頃はカントリーミュージックを聴いていた。当時住んでいたアイダホでは、ラジオから聞こえてくるのはそれだけだったからね。


人はそれぞれ、経験することは皆違う。だから、俺の経験から君が学ぶこともあるだろうし、君の経験から俺が学ぶこともある。君の経験から、あれはやらない方がいいと学ぶこともある。


セバスチャン・バックがMOTLEY CRUEが彼をヴィンス・ニールの後任にしたがっていたと話している。俺は今ここで言わせてもらうよ。それはまったくもって信実じゃない。


俺は自分のことを客観的に観たことはないんだ。自分が弾いている姿を観るのは変な感じだ。観ていられないよ。


俺達が子供だった頃は、好きなバンドのライヴ映像でほんのちょっとバックステージが映るだけでもう大興奮だったよ。


1人でだろうが、パートナーとだろうは、音楽を作るというのは素晴らしいことだ。


俺は常に、冒険が最も重要だという信念を持ち続けているんだ。そして、危険を冒すというのが最も重要な考え方だと信じ続けている。


オーディエンスがクレイジーになれば、俺達もクレイジーになる。どのバンドも同じだと思うんだ。


ニッキー・シックス(SIXX:A.M.,ex-MOTLEY CRUE)を知るならこのアルバムは必聴です♪

ニッキー・シックス(SIXX:A.M.,ex-MOTLEY CRUE)を知るならこの1曲