マイク・ポートノイ(THE WINERY DOGS,ex.DREAM THEATER)の名言

シェアする

マイク・ポートノイ(THE WINERY DOGS,ex.DREAM THEATER)のプロフィール

Jマイク・ポートノイは、アメリカのプログレッシヴ・メタル・バンド、DREAM THEATERの元ドラマー。現在は、リッチー・コッツェン、ビリー・シーン(MR.BIG)とのバンド、THE WINERY DOGSを中心に活動中。その他、TRANSATLANTIC,FLYING COLORSなど様々なプロジェクトにも関わっている。最も影響を受けたドラマーはRUSHのニール・パート。その他、テリー・ボジオ、ビリー・コブハム、ラーズ・ウルリッヒ(METALLICA)などジャンル問わず影響を受けたとインタビューで語っている。

マイク・ポートノイ(THE WINERY DOGS,ex.DREAM THEATER)の名言/言葉

もう過去を振り返る必要はない。勿論、振り返ればいい思い出ばかりだけど、今は前だけを見ていたい。よく言うだろ、「やったことを後悔する方が、やらなかったことを後悔するよりずっといい」って。


多くのバンドは、その時の流行に便乗し、その時は大成功するかもしれないが、流行が終われば共に消える。だがDREAM THEATERはプログレッシヴメタルをやるミュージシャンによるバンドであって、そういう市場は永遠に不滅だ。


他のドラマーより上手いとか何とか、僕は思ったことがないんだ。むしろ、他のドラマーに引け目を感じたり、気後れしたりしている。


俺の人生において、キャリア上の決断を下す基準は金じゃないんだよ。もし金が欲しければ、あのままずっとDREAM THEATERを離れることはなかったと思う。


僕の先生はニール・パートやテリー・ボジオが叩いているレコードだった。僕が影響されたドラマーは一杯いるけど、彼らから良いところを拝借して、自分のスタイルを築いたんだ。


俺は集中力が長く続かない方なんだ。常に四方八方に考えが散らばっている。


もう過去を振り返る必要はない。勿論、振り返ればいい思い出ばかりだけど、今は前だけを見ていたい。


俺は仕切りたがり屋で、他人のやることが信用出来ないから、全部自分でやらないと気が済まない。


僕にはシンガーとしての自信なんてないよ。(笑) 僕のヴォーカルに関しては、テクニックよりもキャラクターの方が重要だと思っている。


一番いいアルバムだとか一番気に入っているアルバムだって言うのは月並みな言い方かもしれないけど、本当に自分にとっては一番好きなアルバムなんだよ。総ての要素が詰まっているからね。


俺は1年のうち半年間だけクリエイティヴでいよう、とはいかないんだ。常に何かアイディアが湧き出てくるし、スイッチを切ってオフにすることは出来ない。いつも進行中なんだ。


僕はツアー中は練習なんて一切やらないよ。クルーと飲みに出掛けるので忙しいからね。


全員を喜ばせるのは至難の技だ。どの曲も、やれば誰かはハッピーになるだろうし、やらなければ誰かは聴きたがるだろう。


ブートレッグを聴けば、俺達が他のバンド同様ミスを結構犯していることが判るはずだ。ただ、音数が多いから判りにくいけどね。


僕がギタリストだったら、前代未聞のクレイジーなギタリストになると思うよ。


やることは常にある。10年間ノンストップでやってきたけど、そういう性格なんだろうな。こだわりと、強迫観念に取り付かれているんだ。


DREAM THEATERは“ヒット”とは無縁のバンドだ。俺達、ヒット曲なんて1曲しかないんだぜ。(笑)


ライヴではCDで聴くものとはちょっと違う経験になることは大事だと思う。


マイク・ポートノイ(THE WINERY DOGS,ex.DREAM THEATER)を知るならこのアルバムは必聴です♪

マイク・ポートノイ(THE WINERY DOGS,ex.DREAM THEATER)を知るならこの1曲