マックス・カヴァレラ(ex.SEPULTURA, SOULFLY)の名言

シェアする

マックス・カヴァレラ(ex.SEPULTURA, SOULFLY)のプロフィール


マックス・カヴァレラは、ブラジルのスラッシュ・メタル・バンド、元SEPULTURAの創設メンバーで、現在はSOULFLY、CAVALERA CONSPIRACY、KILLER BE KILLEDで活動するギタリスト兼ヴォーカリスト。バンドではヴォーカルも担当している。ブラジル・メタル界のパイオニア的存在。ブラジルやアフリカなどのワールド・ミュージックとメタルを融合したサウンドを世に知らしめた。演奏時は高音の2弦を外し、4弦のみで演奏することで有名。

マックス・カヴァレラ(ex.SEPULTURA, SOULFLY)の名言/言葉

物事というのは自ずと進んでいくものだ。物事は起こるべくして起こるんだよ。あとはそれが上手く進んでいくようにするだけさ。


俺はスラッシュメタルという音楽が持っているエネルギーが大好きだし、そうしたエネルギーとそれに対する俺の情熱がある限り、これをやり続けていくと思う。


グラインドコアのレコードで、30分誰かに集中していてもらいたいと思うのなら、ちょっとスパイスを振りかけて気が緩まないようにしておかないといけない。そういうのがないとエクストリームでも何でもなくなってしまう。


SOULFLYは普通なら行かない所のどこへでも出向いてプレイするバンドの1つになりたい。儲けにならなくても構わない。金の問題じゃないからね。大事なのは経験と冒険だ。


どこへ行ってもそこの言葉が話せなきゃ意思疎通が出来ないとか、そんなことはない。自分の伝えたいことがあるなら、音楽に代わりに話をしてもらえばいいんだ。


俺はとにかく昔から音楽をやりたくてたまらなかった。学校も辞めたし、アルバムやギターを買うために食べるものも我慢して飢えたことだって何度もある。それくらい辛い思いをしてでも音楽をやろうとしていた。


俺達はこれからもずっと長い間これをやり続けていけると思うよ。俺達を止めるものなんて何もない。俺の一番の目標は、生き残ることなんだ。


変化を進化として理解できないヤツは、この手の音楽を聴くに値しない。彼等は、他にいくらでもある退屈でありふれた音楽を聴いていた方がいいよ。


SOULFLYはどんなトレンドだって乗り越えられる。トレンドは現われては消えていくけど、俺達は自分達の大好きな音楽をプレイし続けて生き残っていくんだ。それが一番大事なことさ。


俺は元々リフを書くのが大好きだ。それが俺の専門分野だ。俺はリフメイカーだよ。リフを作っている時のフィーリングがとにかく大好きだ。


ミュージシャンなら“これだ!”と思うものがあれば、それをやるべきだと思う。ただし、金のためとか、皆がやっているから自分もやろうと思うのはバカげている。


俺は、音楽をプレイするのは繰り返し同じことをやって他の誰かを喜ばせる仕事だとは思っていない。常に新しいことに挑戦するものだと思っている。


自分が信じることを、自分が大好きなことをとにかくやれ。自分の運命は自分で決める。それが一番素晴らしいことだよ。


人に指示されたとおりにやるんだったら、バンドにいる意味はない。バンドをやっているのは曲を作り歌詞を書き、常に新しいものを作り出して人々を驚かせるためさ。


ビルボードでナンバーワンになるアルバムを作りたいわけじゃない。そんなことはどうでもいい。歩むべき道があることの方に俺は興味がある。


俺達は、ただ好きな音楽をやるだけだよ。今、俺達がやっているのは、まさに自分達がやりたいと思っていることそのものだし、それでも生計を立てられるものだ。


これは神に与えられた才能なんだ。俺はそれを音楽へと変えているだけさ。そういう意味では、俺は音楽と神に感謝しているよ。


人間は間違いを犯すものさ。俺達はそんなに冷酷じゃない。失敗は一度しか認めないなんて言わない。


メタルを夢中で聴いていた若い頃よりも今の方が沢山聴いている。年を重ねるごとによりヘヴィなものが好きになっているなんて最高なことだと思う。


音楽はタイミングが総てだと思うんだ。先に進みすぎていたら理解されないだろうし、遅すぎたら過去に生きていると思われて忘れ去られてしまう。


CAVALERA CONSPIRACY,SOULFLY,KILLER BE KILLEDと、同時に3つのものに取り組めている。自分の音楽を表現する場がそれだけあるのは最高だ。


俺が一番好きなことの1つが、ミュージシャンと話をして、ツアーのことや、他のミュージシャンとどうやって出会って何をどういう風にやっているかを知ることだ。


俺はメタルとパンクを沢山聴いて育ち、この2つの音楽から強く影響を受けている。


ミュージシャンなら、一度は自分のバンドのメンバー以外のミュージシャンとプレイして楽しみたいと思うものさ。


音楽はスポーツと同様、国とか文化とか政治なんて壁を壊すことが出来る力を持っている。


自分の文化的ルーツを自分の音楽に取り入れるのを恐れてはいけない。


今の俺は、ブラジルだけじゃなく、世界を見ているんだ。とにかく、それが俺が進んでいる方向だよ。


アイディアはどこから来るか判らない。音楽に対しては、耳と心を開いておくべきだよ。


大勢のファンを獲得することは出来ないかもしれないけど、この手の音楽を愛している。これに相応しい連中が集まることになる。


人生には心構えが出来ていないことが起こって、驚かされることもある。何もかもが上手くいっている時でも、何かが起こるかもしれない。


SOULFLYは俺にとってバンド以上の意味を持っている。SOULFLYは俺の生き方そのものなんだ。


俺はSEPULTURAをLED ZEPPELINや昔のBLACK SABBATHみたいな威厳を持ったバンドにしたいと思っていた。


マックス・カヴァレラ(ex.SEPULTURA, SOULFLY)を知るならこのアルバムは必聴です♪

マックス・カヴァレラ(ex.SEPULTURA, SOULFLY)を知るならこの1曲