マティアス・エクルンド(FREAK KITCHEN)の名言

マ行

マティアス・エクルンド(FREAK KITCHEN)のプロフィール


マティアス・エクルンドは、スウェーデンのヘヴィ・メタル・バンド、FREAK KITCHENのヴォーカリスト兼ギタリスト。1989年から1989年にはデンマークのヘヴィ・メタル・バンド、FATEに在籍。その後、1992年にFREAK KITCHENを結成し、1994年にデビュー。水道ホース用のホースクリップ、リモコン、ディルドー、クシ、電子機器などを使用するなど、既成概念にとらわれない、ちょっぴり変態チックなギタリスト。

 

マティアス・エクルンド(FREAK KITCHEN)の名言/言葉

彼は「俺は自分のやりたいことをやる」と言って、2秒も聴けばイングヴェイ・マルムスティーンだと判る作品を作り続けている。これは尊敬に値するよ。


FREAK KITCHENは、スラッシュとかデスとかポップとか、そういう風に言い切れるものではない。願わくはFREAK KITCHENそのものであってほしい。


インプルプル・・・じゃなくて何だっけ?インプリテリだかインプルーテリだかが世界で一番速くたって僕には関係ない。


 

ディスコグラフィー

【FREAK KITCHEN】
・Appetizer(1994)
・Spanking Hour(1996)
・Freak KitchenⅢ(1998)
・Dead Soul Men(2000)
・Move(2002)
・Organic(2005)
・Land Of The Freaks(2009)
・Cooking With Pagans(2014)

マティアス・エクルンド(FREAK KITCHEN)を知るならこのアルバムは必聴です♪

 

マティアス・エクルンド(FREAK KITCHEN)を知るならこの1曲

コメント

タイトルとURLをコピーしました