マーカス・グロスコフ(HELLOWEEN)の名言

シェアする

マーカス・グロスコフ(HELLOWEEN)のプロフィール


マーカス・グロスコフ(HELLOWEEN)は、ドイツのパワー・メタル・バンド、HELLOWEENベーシスト。HELLOWEEN創設者の一人でバンドのムードメーカー。ギタリストマイケル・ヴァイカートと共に現在までHELLOWEENを支えている。ピック弾き、指弾きを曲によって使い分ける技巧派ベーシスト。ベースを焦点にしたプロジェクト、BASSINVADERSやソロバンド、SHOCKMACHINEでも活動。それぞれアルバムを1枚発表している。



マーカス・グロスコフ(HELLOWEEN)の名言/言葉

人間、明日のために生きているのでも、昨日のために生きているのでもない。「今を生きろ!」。


続ける道は必ずあるんだということを過去が教えてくれる。前進しなければならない時は、必ずその道を見つける、それがこのバンドの歴史の中の好きなところなんだよ。


HELLOWEENからはいろんなものが出てくるけど、あくまでもHELLOWEENらしいものなんだよ。


俺にとって、タトゥーを入れたり走り回ったりするのはロックン・ロールの一環だった。俺はロックン・ローラーになりたかったんで、あれで自分がやろうとしていたことを示していたんだ。


HELLOWEENのソングライター達はみんなとっても熱心だから、ヴァイキーから、アンディから、凄くいろんなことが学べる。もちろん、カイやローランドからもいろいろ学んだよ。


マーカス・グロスコフ(HELLOWEEN)を知るならこのアルバムは必聴です♪

マーカス・グロスコフ(HELLOWEEN)を知るならこの1曲