マルコ・ヒエタラ(NIGHTWISH, TAROT)の名言

シェアする

マルコ・ヒエタラ(NIGHTWISH, TAROT)のプロフィール


マルコ・ヒエタラは、フィンランド出身のベーシストヴォーカリスト。1984年に兄のザシャリー・ヒエタラと共にPURGATORYというバンドを結成、後にTAROTに改名しメジャーデビュー。1998年に一時バンド活動が休止となり、アレキシ・ライホ、キンバリー・ゴスのSINERGYやカヴァー・バンド、METAL GODSで活動。2002年、シンフォニック・メタル・バンド、NIGHTWISHに加入。NIGHTWISHに参加したことでTAROTも再び注目を浴び、NIGHTWISHで活動していないときはTAROTで活動していたが、2015年メンバーの体調が思わしくないことを理由に活動を休止。現在はNIGHTWISHを中心に活動している。
ヴォーカリストとしても一目置かれる存在で、ロニー・ジェイムズ・ディオにも例えられるその歌声はIRON MAIDENからブルース・ディッキンソンの後任としても候補にあがるほどの力量の持ち主。



マルコ・ヒエタラ(NIGHTWISH, TAROT)の名言/言葉

今NIGHTWISHにいても、歌うこととベースが弾くことは俺の第二の天性をような感じがしているんだ。どちらも好きだ。


多くの人が、ギターの代わりにキーボードを使うとサウンドが軽くポップになると言うけど、それは一面的な見方だ。


マルコ・ヒエタラ(NIGHTWISH, TAROT)を知るならこのアルバムは必聴です♪

マルコ・ヒエタラ(NIGHTWISH, TAROT)を知るならこの1曲