ラウリ・ヨーネン(THE RASMUS)の名言

シェアする

ラウリ・ヨーネン(THE RASMUS)のプロフィール


ラウリ・ヨーネンは、フィンランドのメランコリック・ロック・バンド、THE RASMUSのヴォーカリスト。バンド活動以外にもソロ・アルバムを発売し、ヒットを連発。趣味はサーフィン、ボード、BMX。そのほか、家の設計と建設という趣味があるらしく、2017年には本国で自身の番組「Laurin Talot」が放送される。この番組の中でラウリは10回のシリーズのうち、4つの家を設計し建設する。

ラウリ・ヨーネン(THE RASMUS)の名言/言葉

俺達の音楽は別に、人にあれこれ指図するようなものではないんだ。むしろ自分自身で考えろ、自分自身であれ、と言っているんだ。


僕達はどんなトレンドも追い掛けてこなかった。いつも自分達がやりたいものをプレイしてきたんだ。


俺達にとってキャッチーなメロディやリフを書くことは凄く自然なことなんだ。


俺達の音楽はメロディに基盤を置いているからメロディにあふれていると思う。


俺達は長いキャリアを持ったバンドを尊敬している。最近は、バンドが入れ替わり立ち替わり現れては消えていくって感じだろ。俺達は長い間活動を続けていきたいんだよ。


ディスコグラフィー

【THE RASMUS】
・Peep(1996)
・Playboys(1997)
・Hell of a tester(1998)
・Into(2001)
・Dead Letters(2004)
・Hide From The Sun(2005)
・Black Roses(2008)
・The Rasmus(2012)

【LAURI YLONEN】
・New World(2011)

ラウリ・ヨーネン(THE RASMUS)を知るならこのアルバムは必聴です♪

ラウリ・ヨーネン(THE RASMUS)を知るならこの1曲