カート・ヴァンダーフーフ(METAL CHURCH)の名言・迷言・言葉

カ行

カート・ヴァンダーフーフ(METAL CHURCH)のプロフィール


カート・ヴァンダーフーフは、アメリカ出身のギタリスト。1976年にハードコアパンク・バンド、THE LEWDに加入。1980年にサンフランシスコに移住し、METAL CHURCHを結成したが上手く活動せず、地元に戻りShrapnelを結成。その後そのバンドにデイヴィッド・ウェインがバンドに加わり、METAL CHURCHの名前で1984年にデビューした。1986年にライヴ活動に疲れツアーから脱退し、作曲面などでバンドをサポートしていたが、1995年に解散。その後ソロで活動。1998年、オリジナルメンバーで復活するも健康面が悪化し、2009年再度解散したが、2012年に再結成し、現在も活動を続けている。

カート・ヴァンダーフーフ(METAL CHURCH)の名言/言葉

俺が曲を作る時に一番大事にしているのは、音楽シーンの動向がどうあれ伝統的なヘヴィメタルを作るということだ。


俺達はリスナーに楽しみや希望を与えたり、明るく健康的な未来に向けて目を開いてもらったり出来るよう努めている。音楽は文化であり人生だからね。


俺達は、どちらかというと音楽を楽しくやりたいんだ。気楽な感じでね。現実逃避という部分を大切にしたいんだ。


カート・ヴァンダーフーフ(METAL CHURCH)を知るならこのアルバムは必聴です♪

カート・ヴァンダーフーフ(METAL CHURCH)を知るならこの1曲

METAL CHURCH – Out Of Balance (OFFICIAL TRACK)

コメント

タイトルとURLをコピーしました