ケヴィン・シャープ(ex-BRUTAL TRUTH)の名言

シェアする

ケヴィン・シャープ(ex-BRUTAL TRUTH)のプロフィール


ケヴィン・シャープは、アメリカ出身のヴォーカリスト。1990年にグラインド・コア・バンド、BRUTAL TRUTHに加入、1998年にバンドは解散したが、2006年再結成、再び解散までの2014年まで在籍した。
サックス奏者ジョン・ゾーンが率いるNAKED CITYでの活動で知られ、現在はNAPALM DEATHのメンバーとのプロジェクト、VENOMOUS CONCEPTや多国籍バンド、LOCK UPで活動中。



ケヴィン・シャープ(ex-BRUTAL TRUTH)の名言/言葉

クラッシックなハードコアアルバムを聴くと、こりゃ凄いと思うのはミスを犯したものだったりする。完璧にするというアティテュードは必要ないんだ。均質に小奇麗にしたら、クレイジーではなくなる。


多くの人達が、これまでの人生のあまりにも多くの局面で数え切れないほどの「イエス」と言い続けてきたはずだ。だけど俺は言う必要がない。俺らしくいることは、これ以上はないほど自由で開放されるということだからね。


俺は、100人にとってまあまあのバンドになるよりも、10人にとっての大好きなバンドになりたい。


人生の良い面を楽しむためには、人生の苦々しい部分も経験しなくちゃいけないんだよね。嫌なこともあるけど、良いことも悪いことも一緒に受け止めなきゃならない。


VENOMOUS CONCEPTはただ思いっきりやるだけのものだ。弦を切っても構わないし、何かヘマをしたって構わない。そういうのも総て引っ括めて、その瞬間のスポンテニアスな楽しさだから。


VENOMOUS CONCEPTのようなバンドには選択肢があるんだよ。ちょっといろいろやってみようという選択肢がね。


ケヴィン・シャープ(ex-BRUTAL TRUTH)を知るならこのアルバムは必聴です♪

ケヴィン・シャープ(ex-BRUTAL TRUTH)を知るならこの1曲