ジョーイ・ジョーディソン(ex.SLIPKNOT)の名言

サ行

ジョーイ・ジョーディソン(ex.SLIPKNOT)のプロフィール


ジョーイ・ジョーディソンは、アメリカのエクストリーム・メタル・バンド、SLIPNOTの元ドラマー。2013年に「個人的な理由」でSLIPKNOT側から一方的に脱退を発表され、本人は否定していたが、2016年に自らが「横断性脊髄炎」を患っていたことを告白。ドラムができない状態だったため、バンド側から一方的に解雇された状態になったことが判った。
SLIPNOT脱退後はSCAR THE MARTYR, VIMIC, DRAGONFORCE,MAYHEMのメンバーと共に結成したバンド、SINSAENUMで精力的に活動中。

 

ジョーイ・ジョーディソン(ex.SLIPKNOT)の名言/言葉

俺達(SLIPKNOT)はみんなそれぞれにユニークなんだから、競争する必要なんかない。ミュージシャンとして俺にいろんなことが出来るのはみんな知っているし、それはバンドの他のメンバーにしても同じことだ。


俺はタイトにかっちりやりたい。いい加減なのは好きじゃないんだよ。


俺は今でもよく練習するよ。総てがプレイ出来るようになることなんて絶対ないけど、それでも常にそれを目指すべきなんだから。


いわゆる4文字言葉を使わずに、同じくらいのアグレッションを言葉で伝えるのはすごく難しいことだ。


曲はいつでも浮かぶんだ。頭の中から聞こえてくるんだよ。一定のペースで歩いていると、リフが聞こえてきたりする。


俺はステージに上がるのをいつだって楽しみにしている。何があっても、ステージに上がって10秒も経過すりゃそんなものは全部吹っ飛んでいる。


音楽からは学ぶべきものがまだまだあるから俺は、色んな人とプレイするんだ。常に色んなことを学ぼうとしているんだよ。


 

ディスコグラフィー

【SLIPKNOT】
・Slipknot(1999)
・Iowa(2001)
・Disasterpieces(2002)
・Vol.3(The Subliminal Verses)(2004)
・All Hope Is Gone(2008)
・5:The Gray Chapter(2014)

【SCAR THE MARTYR】
・Scar The Martyr(2013)

【SINSAENUM】
・Echoes Of THe Tortures(2016)

ジョーイ・ジョーディソン(ex.SLIPKNOT)を知るならこのアルバムは必聴です♪

 

ジョーイ・ジョーディソン(ex.SLIPKNOT)を知るならこの1曲

コメント

タイトルとURLをコピーしました