ジェイソン・ビットナー(OVERKILL, SHADOWS FALL)の名言・迷言・言葉

シェアする

ジェイソン・ビットナー(OVERKILL, SHADOWS FALL)のプロフィール


ジェイソン・ビットナーは、アメリカ出身のドラマー。1994年にハードコア・バンド、STIGMATAに加入、同時期にデス・メタル・バンド、BURNING HUMANでも活動していたが、2001年にSTIGMATAが解散した後、メタルコア・バンド、SHADOWS FALLに加入した。2006年、2012年にツアーを離脱したANTHRAXチャーリー・ベナンテの代役や、2013年にはスラッシュ・メタル・バンド、TOXIK、2014年にはスラッシュ・メタル・バンド、FLOTSAM & JETSAMなどで活動した。2014年以降はSHADOWS FALLが活動休止状態となったため、2017年からはスラッシュ・メタル・バンド、OVERKILLに正式に加入した。




ジェイソン・ビットナー(OVERKILL, SHADOWS FALL)の名言/言葉

メタルのカテゴライズはもう、馬鹿馬鹿しいと言えるところまで来ている。(笑) 俺達はヘヴィバンドでメタルをプレイする。それだけのことさ。


ありがたいことに今ではバンドで食っていけるようになったから副業の必要は無いんだけど、楽しいから続けてる。


デスメタル、デスコア、ブラックメタル、マスメタル、プログレッシヴメタル、メタルコア・・・とカテゴライズされても結局はメタルだ。(笑)。


とにかく境界線はない。ジャズもラテンもロックもメタルも全部だ。どんな音楽だろうと、良いドラミングが好きだ。そして、プレイするのはメタルが一番好きなんだ。


ジェイソン・ビットナー(OVERKILL, SHADOWS FALL)を知るならこのアルバムは必聴です♪

ジェイソン・ビットナー(OVERKILL, SHADOWS FALL)を知るならこの1曲