デレク・シェリニアン(ex.DREAM THEATER,SONS OF APOLLO etc.)

シェアする

デレク・シェリニアン(ex.DREAM THEATER,SONS OF APOLLO etc.)のプロフィール

デレク・シェリニアンは、アメリカ出身のキーボーディスト。5歳からピアノをはじめ、奨学金を得てバークリー音楽大学に進学後、元JIMI HENDRIX BAND OF GYPSIESのドラマー、バディ・マイルズの一員としてプロのキャリアをスタート。アリス・クーパーKISSのツアー・メンバーを経て、1994年にプログレッシヴ・メタル・バンド、DREAM THEATERに加入したが1999年に脱退した。その後は様々なプロジェクトで活動し、イングヴェイ・マルムスティーンやビリー・アイドルのツアーに参加。現在は、ジョー・ボナモッサやグレン・ヒューズと結成したBLACK COUNTRY COMMUNIONや、マイク・ポートノイビリー・シーン、トニー・マカパインと結成したPSMS、ジェフ・スコット・ソートやビリー・シーン、ロン“バンブルフット”サールと結成したSONS OF APOLLOなど様々なバンドの一員として活動している。




デレク・シェリニアン(ex.DREAM THEATER,SONS OF APOLLO etc.)の名言/言葉

多分いつの日か「これが僕の音楽だ」と言えるスタイルを持てるかもしれないけど、今はどんな音楽でも出来るという柔軟性を愛しているんだ。


僕はヘヴィメタルにあるヘヴィネスが大好きだ。曲の組み立て的なことで言うと中身のない音楽が多いと思うけど、生々しくて原始的なエネルギーは良いね。


毎日一生懸命働くだけ。それに尽きる。僕は常に音楽のことを考えている。目覚めた瞬間から眠りに就く瞬間まで、そして恐らくは夢の中でもね。


演奏内容それ自体はそれほど難しくなくても、大物と一緒にプレイすることで学ぶことも多い。例えば、ビジネス上の様々な面を知ることが出来る。


常にアイディアをストックするよう心掛けているよ。というもの、曲作りというのはなかなか予測のつかないもので、突然エネルギーが爆発して、一気に曲のアイディアが湧いてくることもあるからね。


デレク・シェリニアン(ex.DREAM THEATER,SONS OF APOLLO etc.)を知るならこのアルバムは必聴です♪

デレク・シェリニアン(ex.DREAM THEATER,SONS OF APOLLO etc.)を知るならこの1曲