ディーン・カストロノヴォ(REVOLUTION SAINTS, ex-JOURNEY)の名言

シェアする

ディーン・カストロノヴォ(REVOLUTION SAINTS, ex-JOURNEY)のプロフィール


ディーン・カストロノヴォは、アメリカ出身のドラマーヴォーカリスト。元々スラッシュ・メタル・バンドからプロキャリアをスタートさせ、ニール・ショーンやジョナサン・ケインらが結成したBAD ENGLISHや、ニール・ショーンが結成したHARDLINEなどで活動し、1999年にJOURNEYに加入した。2015年にDVの容疑で逮捕されたことにより、ツアーに参加できなくなり、同年8月事実上解雇となった。
現在は、ダグ・アルドリッチ、ジャック・ブレイズらと共にREVOLUTION SAINTSを結成。バンドではヴォーカリストとしても活動している。
メインバンド以外にもTHE DEAD DAISIES, オジー・オズボーン, SOCIAL DISTORTION, トニー・マカパイン, CACOPHONY, マーティ・フリードマン, G/Z/R, FEAR FACTORYなどジャンルを問わず、数々のバンドなどで活躍している。

ディーン・カストロノヴォ(REVOLUTION SAINTS, ex-JOURNEY)の名言/言葉

子供の頃の俺はKISSかJOURNEYになりたかったんだ。そして何年も経って俺は素晴らしいもの(JOURNEYのメンバーになること)を手に入れた。


ミュージシャンというものはどうしても批判的になるものなんだ。


俺は何でもこなせるから「こういうプレイしろ」と言われればそうする。俺は曲は書けないが、ドラムの能力と歌は提供出来るからね。


ディーン・カストロノヴォ(REVOLUTION SAINTS, ex-JOURNEY)を知るならこのアルバムは必聴です♪

ディーン・カストロノヴォ(REVOLUTION SAINTS, ex-JOURNEY)を知るならこの1曲