コージー・パウエル(ex.RAINBOW, ex.BLACK SABBATH)の名言

シェアする

コージー・パウエル(ex.RAINBOW, ex.BLACK SABBATH)のプロフィール


コージー・パウエルは、イギリス出身のドラマー。20代でジェフ・ベックに見出され、プロのキャリアをスタート。その後、RAINBOW, BLACK SABBATH, WHITESNAKEなど数々の有名ロックバンドのドラマーを務めた。レーサーへの転向を考えたこともあるほどの車好き。1998年高速道路を愛車で走行中に事故に遭い死去。
ローリングストーン誌が選ぶ、「歴史上最も偉大なドラマー」の1人。



コージー・パウエル(ex.RAINBOW, ex.BLACK SABBATH)の名言/言葉

どんな音楽でも、10年とか20年の周期で過去のものが甦ってくるのさ。ブルーズにしても、アメリカのブルーズからロックンロール、ヘヴィメタルからパンクへと、循環しているんだよ。


この業界では、誰にでも未来はあると思うよ。大きな業界には誰にも場所はあるんだ。


俺はリハーサルが大嫌いなんだ。リハーサルのことなんか、何も判らない。


音楽は芸術であり表現だ。スポーツとは違う。スポーツは、ある目的を果たすために筋肉を鍛えて、何度も同じことを繰り返して完璧を目指すけれど、音楽はそういうものではない。


自分がやっている音楽を楽しめなくなったら、辞めるべきだ。何か新しいものが現れるはずさ。もしもそうならなくても、俺はずっと幸運に恵まれているんだから・・・と言えるだけの正直さを持つべきだ。


人間というのは歳を取ると変わらなくなるし、正直でなければならない。ファッショナブルだからという理由だけで新しいバンドを「好きだ」と嘘を言うなんて、とても悲しいことだ。


楽器の練習は必要かもしれないが、ライヴで演奏する時は、どれだけリハーサルをしても意味はないんだ。完璧だけを求めるならドラムマシンにやらせればいいんだ。


これまでにも、色々な人達と仕事をしてきたが、皆少しずつ音楽的に違っていて、俺はその総てを楽しんできた。そんな中でも、BLACK SABBATHは特に俺に合うみたいだ。


俺が演奏する音楽はハートから出て来るべきものだ。リハーサルをやり過ぎると、即興的な魅力を殺してしまうと俺は思う。


イングヴェイ(・マルムスティーン)については酷い話をあれこれ聞いていた。そのいくつかは事実だろうし、逆にいくつかは誇張されているんだろうが、俺は本人と直接話をして判断するようにしている。


コージー・パウエル(ex.RAINBOW, ex.BLACK SABBATH)を知るならこのアルバムは必聴です♪

コージー・パウエル(ex.RAINBOW, ex.BLACK SABBATH)を知るならこの1曲