クリス・バーンズ(SIX FEET UNDER)の名言

シェアする

クリス・バーンズ(SIX FEET UNDER)のプロフィール

クリス・バーンズは、アメリカのデス・メタル・バンド、SIX FEET UNDERのヴォーカリスト。かつては同国のバンド、CANNIBAL CORPSEのヴォーカリストとして活動するものの、バンドをクビになったと後に告白している。この世のものではない「声」と雑誌などで例えられることもしばしばあり、圧倒的に独特な声の持ち主。

クリス・バーンズ(SIX FEET UNDER)の名言/言葉

余りシーンのことは気にしていない。俺達はファンが楽しめる素晴らしい音楽を作っていくことが自分達の役割だと思っているし、常にそれだけに集中していたいんだ。


俺は音楽をカテゴライズするのは嫌いだ。自分が聴いてる音楽もカテゴライズしないし、ただ“いいな”と思うものを聴いてるだけなんだ。


俺達は矛盾そのものなんだよ。人が正しいと思っていることの逆をいっているんだ。俺の人生そのものが矛盾なんだよ。自分の信条以外は信じない。


聴いて楽しい曲にすることは勿論、プレイしていても楽しめるような曲を作ることを心掛けている。


俺はシンガーとしての能力を広げようとしてるんだよ。同じことを繰り返すんじゃなく、自分でも興味をそそられるようなものにしたいんだ。


デスメタルは速くないといけないっていうのは俺は嫌いだね。俺にとって速いのはスラッシュメタルであって、デスメタルっていうのはもっと邪悪なんだ。


クリス・バーンズ(SIX FEET UNDER)を知るならこのアルバムは必聴です♪

クリス・バーンズ(SIX FEET UNDER)を知るならこの1曲