バートン・C・ベル(FEAR FACTORY)の名言

シェアする

バートン・C・ベル(FEAR FACTORY)のプロフィール


バートン・C・ベル(FEAR FACTORY)は、アメリカのインダストリアル・メタル・バンド、FEAR FACTORYのヴォーカリスト。FEAR FACTORYの歌詞をほぼ全曲手掛ける、バンドの中心人物。



バートン・C・ベル(FEAR FACTORY)の名言

人は働きすぎで余裕がなく、その存在を忘れてしまうのは簡単だ。でも、一息ついて自分の周囲の世界にちゃんと目を向けると、その存在を感じとることが出来るはずさ。


俺達としてもバンドのラインナップは固定させたい。新しい人を試すのは時間がかかるしね。


この世界では、人に嫌われることに対してクヨクヨなんかしてられない。そういう性格だったらミュージシャンにはなれない。


俺の歌詞は、みんなの心を開いて、世界に対してオープンになることを示しているんだ。みんなの意識を高めたいだけなんだよ。


FEAR FACTORYの哲学とは、リスナーに今の世の中の本当の姿を知ってもらうことなんだ。


俺は、自分をまずアーティストである、と常に言っている。アーティストは総てを包含していると思うからね。


いろんな要素があいまって、このアグレッションが生まれているんだ。メロディもそう。FEAR FACTORYと言えばメロディも知られているからね。


ディーノ(・カザレス)はFEAR FACTORYのオリジナルサウンドにとってなくてはならない存在なんだ。彼と俺の間に生まれたケミストリーが新しいサウンドを生み出し、このバンドの名前を世界に知らしめたんだ。


バートン・C・ベル(FEAR FACTORY)を知るならこのアルバムは必聴です♪

バートン・C・ベル(FEAR FACTORY)を知るならこの1曲