ブライアン・フェア(SHADOWS FALL)の名言

ハ行

ブライアン・フェア(SHADOWS FALL)のプロフィール


ブライアン・フェアは、アメリカのヘヴィ・メタル・バンド、SHADOWS FALLのヴォーカリスト。150cm以上あるドレッドヘアをブンブンとプロペラのように振り回すパフォーマンスを得意とする。

 

ブライアン・フェア(SHADOWS FALL)の名言/言葉

このバンドのメンバーは、1人ひとりが毎年ミュージシャンとして成長している。いつも自分を次のレヴェルに持っていこうと努力しているんだ。過去にやってきたことの繰り返しではつまらない。


SLAYERは本当に大きな存在だった。初期の頃は何度もSLAYERをパクッていた。AT THE GATESはもう少し後になってからだね。


“今でも大切に思ってくれている人達がいる”ということが、何よりのモチベーションさ。


トレンドなんてのは、気が付けば同じようなバンドばかりになって自滅していくものだ。元祖のバンドにあったユニークさとかエネルギーが、そのうちに薄れてしまうんだ。過去に何度もあったことさ。


人間というのは外部からの意見と言うか、第三者的な目や耳がなければ、どうしたって自分の考えに囚われて抜け出せなくなりがちだ。


俺達の場合、1つのスタイルに限定したら燃え尽きてしまう。だから常に、色々なものをミックスするよう心掛けているんだ。


 

ディスコグラフィー

【SHADOWS FALL】
・Somber Eyes to the Sky(1997)
・Of One Blood(2000)
・The Art of Balance(2002)
・The War Within(2004)
・Threads of Life(2007)
・Retribution(2009)
・Fire from the Sky(2012)

ブライアン・フェア(SHADOWS FALL)を知るならこのアルバムは必聴です♪

ブライアン・フェア(SHADOWS FALL)を知るならこの1曲

コメント

タイトルとURLをコピーしました