ブレント・スミス(SHINEDOWN)の名言

シェアする

ブレント・スミス(SHINEDOWN)のプロフィール


ブレント・スミスは、アメリカのハード・ロック・バンド、SHINEDOWNのヴォーカリスト。バンド以外の活動をして、ギタリストのザック・マイヤーズと共に、Smith & Myersとしてデュオ名義でカヴァーアルバムを発売している。

ブレント・スミス(SHINEDOWN)の名言/言葉

僕には音楽しかない。音楽は僕の人生であり、僕の生き甲斐であり、僕の情熱であり、僕の喜びであり、僕の愉しみである。音楽は僕の総てなんだよ。


結果が総てではないけど、僕達は過程を重視しているし、それだけ頑張ってやれば結果はおのずとついてくるとも思っている。苦労した分だけ報われる、と。


ステージに立っている時は、それが人生最後の日だという気持で歌う。自分の総てを出し尽くす。そうしなければ決して上手くは歌えない。


俺は音楽はとても普遍的なものだと考えてる。まず自分をハッピーにしなくてはいけないと思っている。誰のためでもなく、まず自分達のために書かなくてはいけない。


商業的な成功が欲しくて曲を書いているとしたら、それはアーティストとしてベストなやり方だとは言えないと思う。自分の中にあるものを見つめるべきだよ。


物事に謙虚であること、敬意を表すること、丁寧に接する気持、正直であることは、どんな時にも、どんなことがあっても、決して忘れたくはないし、忘れてはならないと思っている。


ディスコグラフィー

【SHINEDOWN】
・Leave a Whisper(2003)
・Us and Them(2005)
・The Sound of Madness(2008)
・Amaryllis(2012)
・Threat to Survival(2015)

ブレント・スミス(SHINEDOWN)を知るならこのアルバムは必聴です♪

ブレント・スミス(SHINEDOWN)を知るならこの1曲