アリ・コイヴネン(ex-AMORAL)の名言

シェアする

アリ・コイヴネン(ex-AMORAL)のプロフィール


アリ・コイヴネンは、フィンランド出身のヴォーカリスト。音楽オーディション番組「アイドルシリーズ」でIRON MAIDENSTARATOVARIUSを歌い優勝したことがきっかけでプロデビュー。2008年に同郷のヘヴィ・メタル・バンド、AMORALに加入するも、バンドは2017年1月に解散した。現在はソロを中心に活動中。



アリ・コイヴネン(ex-AMORAL)の名言/言葉

僕にとってロニー・ジェイムズ・ディオは単なるアイドルじゃなく、神に匹敵する存在だ。いや、ディオの方が上だな!


僕はアイスホッケーとサッカーをやってたけど、毎晩死にそうになるくらいスポーツの練習をしたいのか、ビールを飲んでヘヴィメタルをプレイしたいのかと考えた時、どっちを選ぶかは簡単だった。


歌うというのは俺にとっては凄く奇妙なことでね。数年間歌い続けてはきているけど、本当は俺、ドラマーだから(笑)。ドラムは15年くらいプレイしているんだからさ。


僕はメタルが素晴らしい音楽だってことをみんなに判ってもらいたいんだよ。プレイするのがすごく難しい音楽だってこともね。


俺は色々な音楽から影響を受けている。それこそヒップホップからジャズ、ブルーズに至るまで、何でも聴いているよ。


僕はスラッシュメタルバンドやパンクバンドでドラムスを叩いていたんだ。METALLICAのカヴァーバンドなんかもやっていたよ。


メタルは僕にとって爆弾のようなものだ。あらゆるスタイルのメタルをむさぼるように聴いたよ。IRON MAIDENからNAPALM DEATHまでね。


アリ・コイヴネン(ex-AMORAL)を知るならこのアルバムは必聴です♪

アリ・コイヴネン(ex-AMORAL)を知るならこの1曲