アンガス・ヤング(AC/DC)の名言

シェアする

アンガス・ヤング(AC/DC)のプロフィール


アンガス・ヤングは、スコットランド出身でオーストラリアで育ったギタリスト。1973年に兄のマルコム・ヤングと共にハード・ロック・バンド、AC/DCを結成。デビューから今まで、ブレザー&半ズボン、そしてランドセルの“スクールボーイ”スタイルを通している。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」のひとり。



アンガス・ヤング(AC/DC)の名言/言葉

俺にとって喜びなのは、誰かがAC/DCの音楽をかけた時、それが他の誰でもなくAC/DCだって判ってもらえる時だ。それが俺の目標だった。


(エフェクターを使わないのは)音がインチキくさいからだよ。レコードを聴いていると、どの人も同じような音を作っていて、みんな同じように聞こえるしね。


俺達にとって大事なのは、昔からずっと、殆ど自分達の音楽のことだけだ。


新しい曲を作るのは、ずっとやってきたことだ。新しい曲を書いてリハーサルをすることには報いがあるんだよ。


学ぶことは永遠に終わらないし、それがいつも俺が楽しんでやっていることでもあるんだ。学ぶことはずっとやめたくないね。


アンガス・ヤング(AC/DC)を知るならこのアルバムは必聴です♪

アンガス・ヤング(AC/DC)を知るならこの1曲